スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
埼玉県、出願資格認定が始まりました。
2013 / 12 / 06 ( Fri )
埼玉県は、全ての全日制公立高等学校で帰国生徒特別選抜を実施しています。
帰国生募集人員は各校第1学年の総募集人員を40で割った数とされ、
その学校の総募集人員の枠内に含まれます。

他都県では受け入れ校が限られていてその校名がはっきりとわかっていますが、
埼玉県はどこでも受け入れるせいか、帰国生徒特別選抜があることをご存じない
帰国生や保護者、学校や塾の先生もいらっしゃるようです。

10月に参加させていただいた「スクール21」主催の学校相談会でも
希望校で「帰国生」と言って面談されてきたのにもかかわらず、
帰国生徒特別選抜のことは全く話題に上らなかったという例がありました。
この枠での受検生が何年もいない学校もありますから、
高校側への周知もあまりなされてないのかもしれません。

この帰国生徒特別選抜を受検するためには
予め「出願資格認定」を受ける必要があるのですが、
こちらも認知度が低いように感じます。

12月2日~来年2月18日まで
県立高校は、県教育局県立学校部県立学校人事課(☎048-830-6735)で、
市立高校は、当該各市教育委員会で受け付けます。

以前は年内数週間の受け付けだったので、
「海外在住の方はこの日程に来日できない方もいます。
 その場合にはどのようにしたらいいですか?」
と伺ったことがあります。
この質問がきっかけではないと思いますが
現在出願日までと期間が長くなったことはとても嬉しく思っています。

入試科目は一般生は5教科ですが、
帰国生徒特別選抜は国・数・英の3教科と面接が課されます。
しかし、一般生の3教科合格点が帰国生の合格基準点となりますので、
帰国生の募集人員内でも不合格が出るようです。
募集人員内までほぼ合格とすることが多い他都県の帰国入試とは異なりますので、
しっかり準備して臨むことをお勧めします。
23 : 13 : 29 | 学校案内 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。