スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
公立小学校vol.1新指導要領
2011 / 04 / 18 ( Mon )
東日本大震災の余震はまだまだ続いていますが、学校では新年度がスタートしました。
首都圏では、学校の始まりに合わせるかのように桜が咲きました。

桜



フレンズには、海外から帰国後の小学校の様子を心配される電話をいただくことがあります。
そこで、現在の教育の取り組みや現状をお知らせしていきたいと思います。
今回は、今年度から変わった学習内容について紹介します。


新指導要領では、
 ①学校で学ぶ内容が充実
 ②授業時間数が増加
 ③子どもたちの「生きる力」を育む教育
 ④学校・家庭・地域の連携協力
が掲げられています。
詳しくは、文部科学省のHPをご覧ください。
保護者用リーフレットも作成されています。


学年により異なりますが、主要教科では新しく追加されたり、より充実した内容になっています。
一部を紹介します。

 国語  「ローマ字」-4年から3年へ移行
      「古典」-ことわざ、故事成語、漢文・古文などより充実に

 算数  「円周率」-3から3.14に
      「方程式」-求めたい数を□としていたものをXを用いる
      「面積」-ひし形台形を5年に追加

 社会  「今日的な事象」-情報ネットワークの利用や陪審員制度の登場
      「世界と日本」-主な大陸と海洋、国の名称と位置など知識の充実

 理科  「物と重さ」-形や体積との関係を追加、実験観察を増やす
      「人の体のつくり」-4年で、骨と筋肉の働き、人体の臓器の役割が追加

 外国語  5、6年で週1コマ、年間35時間設けられ、音声・基本表現を学ぶ


その他、伝統文化、道徳教育体験活動、健やかな体を育てる、社会の進展に対応した教育を通して、思考力・判断力・表現力を育むとされています。

算数では、複数学年で内容を一部重複させて、反復による基礎・基本の確実な定着が図れるようになりました。
この改定を受けて、1年間の学習内容等の要点をまとめた学習計画表「シラバス」を家庭に配布する学校もあるようです。


生きる力を育むために、子どもたちの未来のために、新学習要領スタートです!
15 : 03 : 32 | 学校案内 | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。