スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
帰国生受け入れ校-公立小中学校①-
2012 / 08 / 30 ( Thu )
母親が歩いた見た帰国生のための学校案内2013年度版は
編集作業も終え、あとは印刷会社に託すのみとなりました。

今年の編集を振り返り、帰国生受け入れ事情を整理したいと思います。
先ず、義務教育期間に帰国した場合、編入する公立小中学校の受け入れから。。。


数年前から学校案内編集スタッフは、
文部科学省の「帰国・外国人児童生徒受け入れ促進事業」に
変化の兆しを見出していました。
選定された地域を見て
「帰国生がたくさん戻っている地域なのだろうか?」
と疑問を抱くようになったのです。
翌年の事業報告を見ても、「帰国児童生徒」の言葉はほとんど見当たらず、
「外国人児童生徒」の言葉が連なり、
外国人に事業が移っている印象がありました。

学校案内には「公立校の受け入れ」を総括する紙面があり、
受け入れ促進事業実施地域やセンター校を記載していたのですが、
2010年度版より記載しないことにしました。
掲載に向けて事業実施地域の教育委員会に問い合わせると、
ほとんどが外国人児童生徒の事業を計画しているとの回答だったからです。
中には急増する外国人児童生徒のために事業に参画したものの
未知の領域なので実績のある地域を教えてほしいと尋ねられたこともありました。


文科省

現況を把握するため、今年1月に文部科学省の担当官を訪ねました。
担当官からは、
帰国生は減ることなく、年々増加している。
ただし、特に2003年からは外国人児童生徒が帰国生をはるかに上回る勢いで増加し、
これまで帰国生受け入れ事業で培ってきたノウハウを活かして
外国人児童生徒にも日本語指導をはじめとする特別な教育を施している。
帰国生にも同様の施策を施している。

とのお話をいただきました。

1時間以上にわたる熱心な担当官のお話を伺い、
文部科学省における帰国生の受け入れ対策は
これまでどおりであることがわかりました。


-公立小中学校②-につづく
スポンサーサイト
13 : 52 : 04 | 学校案内 | page top↑
活動再開
2012 / 08 / 20 ( Mon )
1週間にわたる夏休みをいただきましたが、本日活動を再開しました。




朝オフィスのドアを開けると、テーブルの上には原稿の山が。。。

休み前に印刷会社に渡した母親が歩いて見た帰国生のための学校案内の原稿は
修正が終わって、すでに印刷会社から戻っていました。
休みの間、編集長はじめ編集担当スタッフは校正に精を出していたようです。

今日はご相談やお問い合わせへのご連絡のほか、
引き続き校正作業と印刷会社とのやり取りに追われました。
すっかりお休みモードになっていた頭とからだをお仕事モードに切り替えて、
何とか溜まっていた作業をこなすことができました。

今週からはスタッフも揃い、速やかに対応できますので
ご相談やお問い合わせなどどうぞご連絡ください。






23 : 13 : 58 | オフィス | page top↑
お休みします
2012 / 08 / 10 ( Fri )
立秋も過ぎ、朝夕は少し過ごしやすく感じられるようになりました。



明日11日からのお休みを控えて、本日のオフィスは大忙しでした。
母親が歩いて見た帰国生のための学校案内の原稿は
なんとしても印刷会社に戻さなくてはなりません。
校正し終えた原稿を見返すと見落としていた不備な点なども目に留まり、
教育委員会のホームページを検索したり、学校に問い合わせたり。。。
夕方無事に原稿を出すことができて一息つきました。

お休み期間中、メールでのお問い合わせも20日月曜日からのお返事となります。
ご容赦くださいますよう、お願い申し上げます。
21 : 00 : 06 | オフィス | page top↑
新人さん
2012 / 08 / 09 ( Thu )
母親が歩いて見た帰国生のための学校案内
学校への取材や記事の執筆、編集、校正、すべてがフレンズスタッフ手作りの本ですが、
ディレクションにはアメリカからの帰国生に携わってもらっています。
今年9月発行の2013年度版からは、別の分野で新たな帰国生にお手伝いいただくことになりました。

本の背表紙をご覧になったことがありますか?
毎年、異なる挿絵が入っています。
これまでは「帰国生の母親」であるフレンズの大先輩にお願いしてきました。
訪問記の「ひとこと」にあるお花の絵はこれからも使わせていただけるのですが、
背表紙の絵は「帰国生」にバトンタッチします。

彼は、訪問した学校のインタビューに答えてくれた帰国生でした。
笑顔でとても丁寧に答えてくれたのですが、どことなくユニークな印象で
そんな帰国生のお母様にもお会いしてみたいと
訪問したスタッフがお声掛けしてフレンズのスタッフにお誘いしました。
今はスタッフの一員となって、一緒に活動しています。

そして、美大に進んだ彼に挿絵をお願いしたところ、
快く何枚も描いてくれました。
その1枚がこちらです。


graphic

2013年度版の背表紙を飾ります。
是非、お手に取ってご覧ください。
09 : 00 : 00 | 学校案内 | page top↑
制作状況
2012 / 08 / 08 ( Wed )
母親が歩いて見た帰国生のための学校案内2013年度版
原稿すべての入稿を終え、校正作業も大詰めを迎えています。

book

昨年度発行版の各校ページに先生方が新しい情報を書き込んでくださったものが、
基本的な原稿となります。
これに、フレンズスタッフの指示書きが重なって
決してきれいとは言えない紙面となるのですが、
印刷会社の入力スタッフが良く読み取って仕上げてくれます。

私たちが間違って書き込んだものまで、正しく打ち込まれて戻ってくるので
本当に助かっています。
入力された原稿の間違いをチェックして直すものを印刷会社に戻す。
この作業をミスがなくなるまで繰り返します。

皆で黙々と校正作業をこなしていますので、
いつも賑やかなオフィスも静まり返っています。

さぁ、今日も頑張ります
08 : 00 : 00 | 学校案内 | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。